弁護士紹介

片桐 武 (かたぎり たけし)


【経歴】
2004年 中央大学法学部卒業
2006年 中央大学法科大学院修了
2006年 司法試験合格
2007年 司法修習修了、弁護士登録(60期)

【所属団体・公職等】
日本弁護士連合会・第一東京弁護士会
2010年~ (公財)日弁連交通事故相談センター本部相談・示談あっせん委員
2016年~ (公財)日弁連交通事故相談センター東京支部相談・示談あっせん委員
2017年~ (公財)日弁連交通事故相談センター東京支部 副委員長
2009年~ 中央大学法科大学院実務講師

【著作・講演等】
2017年7月~ 『民事交通事故訴訟損害賠償額算定基準(赤い本)』(共編著)
(公財)日弁連交通事故相談センター東京支部
2017年8月 「法律相談、示談あっせん回付、直接受任にあたっての注意事項」
(公財)日弁連交通事故相談センター東京支部相談担当者研修会講師

【主要取扱分野】
 交通事故をはじめとする損害賠償事件を多数取り扱っております。交通事故の交渉・裁判において
多くのケースで参考にされている『民事交通事故訴訟損害賠償額算定基準』(通称「赤い本」)について、
平成28年度より公益財団法人日弁連交通事故相談センター東京支部委員として、平成29年度より
副委員長として、編集・発刊に携わっています。
 その他、企業法務全般、倒産・債務整理、相続・遺言、労働、離婚、刑事事件等も扱っています。